新世界・住吉・堺の沿線情報:ナニワやさかい!ほっと・ねっと

トップページ > 阪堺特集

阪堺特集

阪堺電車キャラクター:ちん電くん

おかげさまで阪堺線開通100周年

阪堺電気軌道では、2011年12月1日に阪堺線(恵美須町〜市之町[現大小路]間)が開通100周年を迎えるにあたり、記念事業第1弾として阪堺キャラクターデザインの募集を行ったところ、344通の応募作品から、永田康二さん(大阪府富田林市)の作品が最優秀作品に選ばれ、公式キャラクターに採用されました。
また、愛称については多数の応募の中から「ちん電くん」に決定。選考理由として「応募数が多いことや、お客様が普段から親しみを込めて阪堺電車のことを『チン電』と呼んでいること」が決め手になったとしています。
なお、今後は様々なイベントに参加し、阪堺電車のPRをする予定。

現役最古の路面電車を、昭和40年代の姿に復元!

復元された車両の写真現在現役で運行する電車として日本最古といわれている「モ161形車」が昭和40年代の姿に復元されました!
「モ161形車」は、昭和3年から6年に製造され、外板は鉄製、内装は木製の半鋼車。チンチン電車の愛称の由来でもある紐引きの「車内合図コードベル」を設置復元し、内装は元のニス色風に再現しました。高度経済成長期の団塊世代に当たる人々が青春を謳歌している時代の懐かしい雰囲気を楽しんでいただけるのではないでしょうか。

チン電のみどころ、あれこれ。

大阪唯一の路面電車!

阪堺電車の写真1900年(明治33年)に全身の大阪馬車鉄道が開業してから、111年を迎える上町線と、1911年(明治44年)に開通した阪堺線の2路線からなる大阪唯一の路面電車である阪堺電気軌道。通常運行している電車では、日本最古と言われている車両が現在も活躍中!(時期などにより運行を控えている場合があります。予めご了承ください。)

神ノ木〜住吉停留場間の写真
神ノ木〜住吉停c留場間の急勾配は、30.3‰(パーミル)
住吉公園駅舎の写真
第2回近畿の駅百選に選ばれた住吉公園駅舎はレトロな佇まい
住吉交差点の写真
阪堺線・上町線が平面交差する住吉交差点
住吉公園ホームと金魚の写真
住吉公園ホームにある防火水槽の金魚が、乗客の目を和ませる。なぜか8月に増える?
東玉出停留場の写真
ホームのない、東玉出停留場

あなたは発見できるか??歴史を物語る、阪堺の遺跡。

宮ノ下停留場跡の写真
阪堺線の「天神ノ森」と「東玉出」との中間にある、宮ノ下停留場跡。現在は旅客営業がされていません。
分岐点跡の写真
「今池」〜「今船」間の下り勾配に残る、平野線の分岐点跡。